笹氣 健治  Kenji Sasaki

メンタルトレーナー・心理カウンセラー・ビジネス書作家
株式会社グラン・スポール 代表取締役

1967年・仙台市生まれ。
国際基督教大学を卒業後、NTT(東京支社)に勤務。1996年、地元仙台に戻り、スポーツクラブ「グラン・スポール」の経営に携わる。東日本大震災を乗り越えて、市内に5店舗を展開中。今や仙台を代表するスポーツクラブとなっている。

国際基督教大学を卒業後、NTT(東京支社)に勤務。1996年、地元仙台に戻り、スポーツクラブ「グラン・スポール」の経営に携わる。東日本大震災を乗り越えて、市内に5店舗を展開中。今や仙台を代表するスポーツクラブとなっている。

2003年、企業を経営する上で人間心理を理解する必要性を痛感し、横浜国立大学保健管理センター准教授(当時)・堀之内高久氏に師事して心理カウンセリングを学び始める。

 

2004年に産業カウンセラー資格取得。2008年から堀之内高久氏がスーパーバイザーを務めるメンタリング研究所のプロメンター塾を受講し、思考・感情・行動・感覚・イメージを用いた統合的アプローチを学び、2015年に修了認定を受ける。

 

2005年に作家デビュー。処女作『なぜあなたはその仕事を先送りしてしまうのか?』(秀和システム刊)は5万部を売り上げ、王様のブランチ(TBS)の週間ランキング1位を獲得。その後、コンスタントに出版を重ね、現在19冊の著作がある(売上累計25万部超)。

現在は、アスリートやビジネスパーソンへのメンタルトレーニング、ストレス対処やコミュニケーションをテーマにした講演、非常勤講師(東北学院大学、2015~2018)など、心の問題解消をサポートする活動を精力的に行っている。

 

推薦のことば

有限会社メンタリング研究所 スーパーバイザー
元横浜国立大学保健管理センター准教授
堀之内 高久 先生

自分はよくやってきた、でも何か、さらに何かを……という方に。

心の健康度が高い「自己成長モデル」といわれる方々(経営者・管理者・プチ成功者・起業家)のさらなる確実な発展に役立つ成功指南役、先導者、それが笹氣健治さんです。
多くの悩める方々が、その悩みの短期的解消に成功していることは彼の著書に数多く示されています。彼の取り組みの特徴は、有能な心理療法家が用いるさまざまな手法を工夫転換し、心の中に「気づき」を起こすという点にあります。悩みを持つ方の力を信じ、その力を活用しようとするスタンスがあるのです。「そうか、そういうことだったのか! そうすればいいんだ!」と、多くの方たちは気づき、そして、悩みを解消し、一歩ずつ歩き始めるようになっていく。思考の拡大・転換が自動的に起きるように慎重にアプローチがなされ、そして、悩む方々が気持ちよく「成功」者となっていく……それが笹氣流です。
この背景にあるのは、私とのメンタリングやトレーニング、心理療法研究などによって得た気づきと学びを、自分の使命として自己成長モデルの悩む方たちに提供しようという情熱です。「自分もかつては悩んでいた。しかし、今は大丈夫。自分が学び取り、そして研究した方法がある。この方法を提供するよ。さあ、今悩んでおられる方々、あなたには力がある。悩みの解消の道があるよ。あとは、はじめの一歩だけだよ……」。悩む方と同じ目線で、自らもさらに研鑽しつつ温かく謙虚に受け止め支援する……これが笹氣流。
成功の鍵は自分の中に、そして、先達に学べばいい、だから笹氣さんなんです。

 

世界的ベストセラー作家
本田 健 様

これからの笹氣さんの活動を楽しみにしています。

笹氣さんの著書は、出版されると、いつもすぐに目を通させていただいています。彼は経営者としてのビジネスの経験と、独自の心理学に裏打ちされたカウンセリングをされています。今の日本で、彼のように、ビジネスとカウンセリングの両方の分野に秀でている人は、とても珍しいと思います。
日常の生活で、最大のストレスは、ビジネスでも、プライベートでも、人間関係だというデータがあるそうです。そのストレスを解消するには、心理学だけでなく、多岐にわたる知識や体験が必要です。多くの人が、彼のコーチング、セミナーで、癒されたり、行動するきっかけを得られることでしょう。
ご自身の経営者としての体験と、心理学の知識を統合したとてもユニークな活動に、私も、注目しています。