メンタルトレーニングの目的 

メンタルトレーニングの目的は、ストレスを乗り越える方法を身につけることです。
どんなに優れた能力や技術を持っていても、ストレスによって心が不安定になっていると、実力を100%発揮することができません。
何があっても、どんなときでも、常に安定した心の状態でいられることが、とても重要です。
あなたも、自分の力を最大限に発揮するために、私のメンタルトレーニングを受けて、ストレスを乗り越える方法を学んでみませんか?

メンタルトレーニングの基本的な流れ

私のトレーニングでは、今のあなたが抱えているメンタル問題の解消を中心に扱います。あなた自身の弱いところ、嫌なところ、変えたいところをどんどん克服していく体験を通して、ストレスの乗り越え方が自然に身についていきます。

具体的には、次のようなステップで行います。

 

ステップ① 問題の明確化

今あなたが悩んでいること、困っていること、何とかしたいと思っていることをヒアリングしながら、最優先で解消すべき問題を明確にします。

 

ステップ② 問題解消の方向性の確認

その問題のどこが良くないのか、どうなったらいいのか等、問題解消の方向性について対話を通して探っていきます。

 

ステップ③ 問題解消の取り組み

あなたの問題が生じている心理メカニズムを解説しながら、心理療法の統合的なアプローチを用いたトレーニングを行います。

笹氣健治のメンタルトレーニングの特徴

私は、心理臨床の統合的アプローチにおいて日本の第一人者である堀之内高久先生のもとで2003年から学び続けています。

実は、心理臨床(いわゆるカウンセリング)のアプローチにはさまざまな流派の理論や手法があって、カウンセラーは自分が専門的に学んだ流派の枠内で対人援助を行うのが一般的です。ところが最近では、ひとつの流派にとらわれず、それぞれの良い部分を取り入れてより効果の高い援助をめざす統合的アプローチが世界的に注目を集めています。そのやり方に日本でいち早く取り組み始めたのが堀之内先生です。

 

私が学んできた統合的アプローチは、簡潔に言うと、「思考、感情、行動、感覚、イメージ」を使った問題解消の取り組みです。理論や手法としては、クライエント中心療法、論理情動療法、認知行動療法、自己心理学、交流分析、フォーカシング、ゲシュタルト療法、自律訓練法、マインドフルネス、サイコシンセシス等を駆使しています。それに加えて、従業員や経営者として30年近いビジネスの実践経験があることも、私のカウンセリング・メンタルトレーニングの強みであり特徴となっています。