自己肯定感を高めようとしてはいけない理由

よく言われている「自己肯定感を高める方法」

 近年、「自己肯定感」という言葉をよく聞くようになりました。

 自己肯定感が高いと、前向きにがんばっていけます。
 逆に、自己肯定感が低いと(自己否定感が強いと)、マイナス思考になり、不安や恐れを常に抱えることになります。

 だからこそ、自己肯定感を高めるにはどうすればいいか?ということが、本やネットでいろいろ言われています。

 代表的なものとして、
「自分の強みは何かを考えてみる」
「成功体験を積む」
といったことがあります。

 確かに、これらは効果はありますが、実は、落とし穴があります。

自己肯定感について正しい考え方とは


 というのも、そもそも「自己肯定感を高めよう」と考える時点で間違っているからです。

 自分を肯定的にとらえているかどうか考える前提として、「こういうときは肯定できる、こういうときは肯定できない」という思考回路があります。

 ここが間違っているのです。

 そもそも人間という存在は、本来、肯定/否定する対象ではありません。
「こういうときは肯定できる/できない」と判定するのは、私たちの中にある価値観に照らし合わせてのことです。

 その価値観はどこから来ているのかというと、私たちが生きている現代の社会規範がベースになっています。

 その社会規範は、国や時代によって変わります。そんなあやふやなものに立脚している価値観もまた変わり得るものであり、そんなものに照らし合わせて、自分を肯定したり否定するのは無意味なことではないでしょうか?

 では、どう考えればいいのでしょうか?

「自己肯定」より「自己尊重」を意識することが重要

 私は、「自己肯定」という言葉ではなく、「自己尊重」という言葉を使うことを推奨したいと思っています。
 自分を肯定するかしないかではなく、「自分を尊重する」と考えるのです。

 肯定するかしないかと考えると、どうしても何かの基準に照らし合わせてしまいがちです。
 一方、「尊重」という考え方には、何も基準は必要ありません。

「尊重」を言い換えると、「そのままでOKである」「かけがえのない存在である」といった感じでしょうか。

 自己肯定感が低いと思っている人は、自分を肯定しようと考えるのはやめて、自分を尊重しようと考えてみるといいかもしれません。

「自分はOKである」
「自分はかけがえのない存在である」

 このように、自分を尊重する意識を常に持つように心がけるのです。


 とは言え、これまでずっと自分を肯定したり否定したりという思考回路で生きてきたクセは、なかなか抜けないかもしれません。

「じゃあ、いったいどうすればいいの?」

そう思われた方のために役立つワークショップがあります。
興味のある方は、ぜひこちらをご覧ください。

笹氣健治プロフィール

メンタルトレーナー・心理カウンセラー・ビジネス書作家
株式会社グラン・スポール代表取締役

1967年・仙台市生まれ。国際基督教大学を卒業後、NTT(東京支社)に勤務。1996年、地元仙台に戻り、スポーツクラブ「グラン・スポール」の経営に携わる。東日本大震災を乗り越えて、市内に5店舗を展開中。今や仙台を代表するスポーツクラブとなっている。

現在は、アスリートやビジネスパーソンへのメンタルトレーニング、ストレス対処やコミュニケーションをテーマにした講演、非常勤講師(東北学院大学、2014~2018)や、心の問題解消をサポートする活動を精力的に行っている。現在19冊の著作がある(売上累計25万部超)。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Profile Picture